給湯器の凍結でお湯が出ない時の確認と対処方法

関東・関西・中部・北九州エリア対応

おかげさまでお客様満足度95%

お見積り金額は今すぐお電話で!0120-250-910

  • 取替工事実績10万件突破!
  • スピード工事当日翌日工事
  • 安心充実のダブル無料保証
給湯器・ガス給湯器ならキンライサーTOP > 給湯器交換の各種サービス > お湯が出ない!給湯器が凍結した時の対処方法

お湯が出ない!給湯器が凍結?

お湯が出ない!給湯器が故障したのかな?凍結かな?
まずは以下にご紹介するセルフチェックを実施してください!

気温が氷点下以下になると、ガス給湯器周辺の配管内の水が凍り、お湯が出なくなることがあります。
給湯器にはあらかじめ2つの凍結防止機能があり、雪が降るような寒い日でもすぐに故障・凍結してしまうことはありません。
ガス給湯器本体は、以下の装置により凍結を予防しています。

1.給湯器内部に装備されたヒーター (すべての給湯器)

凍結予防ヒーターにより、水通路部の凍結を防ぎます。
外気温が一定以下になると、ガス給湯器内部の凍結を防止する為に自動で作動します。
故障ではありませんので、ご安心ください。

※動作中に表示されるマークはメーカーによって違います。

2.自動ポンプ運転 (ふろ給湯器のみ)

追い炊き用ポンプが自動運転を開始し、ポンプ内及びふろ配管の凍結を予防します。
浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上ある状態にしておいてください。

【注意】
電源プラグがコンセントに差し込まれていることを確認してください。
(抜けていると作動しませんのでご注意を!)

お湯だけでなく、お水も出ない場合は凍結が考えられます。

■凍結したときの対処法(水漏れチェック)

  1. ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。

    リモコンのスイッチ

  2. ②自然に凍結がとけるまで待ちましょう。

    (1)凍結している場合は、気温が上がって自然に溶けるのを待ちましょう。

    (2)どうしても自然に溶けるのを待てず、溶かしたい場合は以下の注意事項に十分注意して溶かしてください。

    【注意事項】
    凍結した部分に必ず古いタオルなどの布をかけて、その上から「ぬるま湯」をかけてください。
    直接熱湯をかけると、給水管や蛇口が破裂する恐れがあります。
    破裂すると、修理や取り替えが必要になるだけでなく、怪我をする恐れもあります。
    修理や取り替えが必要になった場合の費用負担、怪我をされた場合など、使用者である皆さんの自己責任となりますので十分注意してください。

  3. ③給湯器本体から水漏れがないか確認しましょう。

    水道管が破損したら、指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。
    修理業者が到着するまでの間は、メーターボックスの中にある止水栓を閉めれば水道の供給を止めことができます。
    マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は、それぞれの管理者へ連絡してください。

いざという時に困らない、凍結予防法

■給湯器周辺の配管等の凍結予防

  1. ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。

    リモコンのスイッチ

  2. ②ガスの元栓を締めます。

  3. ③蛇口を開けて浴槽に水を流して下さい。

    浴槽に排水栓をしてからおふろの給湯栓を開け、1分間に400ミリリットルの水を浴槽に流しておいてください。

    ※浴槽から水があふれる場合があります。

    ※流量が不安定になるため、30分ほど後に流量を確認してください。

まだお見積りやご依頼に不安な方・・・どうかご安心ください!キンライサーはこんな会社!

安心の理由はコチラ

私たちガス給湯器のプロにお任せ下さい!!

詳細見積のご依頼は0120-250-910[受付時間 月曜~土曜 AM9:00~PM9:00 日曜・祝日 AM9:00~PM8:00] インターネットからのご相談・見積依頼はコチラ

お電話の前にコチラをチェック!